財団について

財団について

理事長挨拶

理事長の写真

 私は豊かな自然に囲まれた信州で生まれ育ちました。幼い頃からスポーツも大好きで特に卓球やマラソンを好み、ホノルルマラソンには7年連続、合計8回出場しました。
 
 そんな私の故郷・長野県は『長野オリンピック・パラリンピック』の開催地として知られるようにウィンタースポーツが盛んで、さらに陸上やラグビー、サッカー、テニス等の合宿地としても人気を博しています。また、健康寿命日本一とも言われるほど、健康への関心が高く、熱心に取り組む県でもあります。
 
 当財団では、長野県を拠点に、夢を追いかける全国のアスリートや、活力溢れるシニアライフを望む方々を少しでも後押し出来るよう取り組んで参ります。
 
 スポーツには、団体種目だけでなく、個人種目においても「和」や「絆」といった、人と人、人と心をつなげる大きな力があります。スポーツを通して、こうした心身ともに豊かな社会の醸成を促し、ひいては争いのない平和な世界の実現に向けて微力ながら努めて参ります。
 

公益財団法人 村石スポーツ振興財団 
理事長 村石  久二 
理事長の写真
 

 私は豊かな自然に囲まれた信州で生まれ育ちました。幼い頃からスポーツも大好きで、特に卓球やマラソンを好み、ホノルルマラソンには7年連続、合計8回出場しました。
 
 そんな私の故郷・長野県は『長野オリンピック・パラリンピック』の開催地として知られるようにウィンタースポーツが盛んで、さらに陸上やラグビー、サッカー、テニス等の合宿地としても人気を博しています。また、健康寿命日本一とも言われるほど、健康への関心が高く、熱心に取り組む県でもあります。
 当財団では、長野県を拠点に、夢を追いかける全国のアスリートや、活力溢れるシニアライフを望む方々を少しでも後押し出来るよう取り組んで参ります。
 
 スポーツには、団体種目だけでなく、個人種目においても「和」や「絆」といった、人と人、人と心をつなげる大きな力があります。スポーツを通して、こうした心身ともに豊かな社会の醸成を促し、ひいては争いのない平和な世界の実現に向けて微力ながら努めて参ります。

公益財団法人 村石スポーツ振興財団 
理事長 村石 久二 
スポーツイメージ

財団概要

目的

当財団は、スポーツの振興に関する事業の推進を図り、健全な心身の発達と豊かな人間性の涵養ならびに健康寿命の延伸に貢献し、明るく活力に満ちた平和な社会の実現に寄与する事を目的とします。 
 
 

事業

当財団は、上記の目的を達成するために 次のような事業を行っています。 
1. スポーツを通じた地域コミュニティ形成のための活動の助成 
2. スポーツに関するイベント等の開催及び支援 
3. スポーツ団体の行うスポーツの振興に関する事業に対する助成 
4. スポーツ選手及び指導者の育成に関する事業に対する助成 ほか              
 

役員・評議員

理事長

村石 久二 

理 事

伊藤 敬幹 (一般財団法人北海道東北地域経済総合研究所 理事長) 

山岡 英夫 (株式会社三井住友銀行プライベートバンキング 営業部 部長) 

評議員

大野 直竹 (株式会社ファーストリテイリング 社外取締役) 

品川 泰一 (株式会社ユーキャン 代表取締役社長) 

村石 豊隆 (会社役員) 

監 事

黒田 克司 (公認会計士) 

 
 

公開資料

定款 LinkIcon 定款.pdf
2022年度事業計画書 LinkIcon 2022年度事業計画書.pdf

スポーツイメージ